本文へスキップ

kichi-plaza

吉祥寺プラザ ロゴ

(お問い合わせ先)TEL. 0422-22-5336

〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-11-19

JR吉祥寺駅北口から徒歩7分

吉祥寺プラザ

ただいま上映中

  • ANNIE アニー

    監督:ウィル・グラック
    演出:ウィル・グラック、アライン・ブロッシュ・マッケンナ
    出演:ジェイミー・フォックス、クワベンジャネ・ウォレス、
             ロー ズ・バーン ボビー・カナヴェイル、アドウェール・
             アキノエ=アグバエ 、デヴィッド・ザヤス
       and キャメロン・ディアス





    (上映時間)日本語字幕版
    1/24
    (土) 
     1/25
    (日)
    1/26
     (月)
     1/27
    (火)
     1/28
    (水)
    1/29
    (木) 
    1/30
    (金) 
    -
    11:45
    14:00
    16:15
    18:30
    -
    11:45
    14:00
    16:15
    18:30
    -
    11:45
    14:00
    16:15
    18:30
    -
    11:45
    14:00
    16:15
    18:30
    -
    11:45
    14:00
    16:15
    18:30
    -
    11:45
    14:00
    16:15
    18:30
    -
    11:45
    14:00
    16:15
    18:30
    1/31
    (土) 
     2/1
    (日)
    2/2
     (月)
     2/3
    (火)
     2/4
    (水)
    2/5
    (木) 
    2/6
    (金) 
    -
    11:30
    13:40
    15:50
    18:00
    -
    -
    11:30
    13:40
    15:50
    18:00
    -
    -
    11:30
    13:40
    15:50
    18:00
    -
    -
    11:30
    13:40
    15:50
    18:00
    -
    -
    11:30
    13:40
    15:50
    18:00
    -
    -
    11:30
    13:40
    15:50
    18:00
    -
    -
    11:30
    13:40
    15:50
    18:00
    -
  • ※当館ではムビチケはご利用になれません。
    ※2/7以降のお時間は劇場にお問合せ下さい。

     (作品紹介)
    ニューヨーク、マンハッタン。携帯電話会社のCEOでNY市長候補のスタックス(ジェイミー・フォックス)は選挙キャンペーン中、車にはねられそうになった少女を偶然助ける。その少女の名前はアニー。彼女は産まれて間もない頃、レストランに置き去りにされ、今は、横暴なハニガン(キャメロン・ディアス)が営む 施設で暮らしている。10歳になるアニーは、毎週金曜日の夜、そのレストランの前で迎えにくるはずのない両親を待ち続けていた。スタックスはそんなアニー の境遇を選挙戦に利用しよう考え、彼女を引き取り、超高層ビルのペントハウスで一緒に暮らし始める。アニーも自分が有名になれば両親が名乗り出てくるかも知れないと考え、スタックスの選挙戦を利用し、協力するが、次第にふたりの心に絆がめばえていき・・・。

    © 2014 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved.
    Annie and related characters and elements: ™ & ©2014 Tribune Content Agency, LLC


  • ベイマックス

    監督:ドン・ホール/クリス・ウィリアムズ
    制作:ロイ・コンリ



    (上映時間)2D日本語吹替版
    1/24
    (土) 
     1/25
    (日)
    1/26
     (月)
     1/27
    (火)
     1/28
    (水)
    1/29
    (木) 
    1/30
    (金) 
    9:45
    -
    -
    -
    -
    9:45
    -
    -
    -
    -
    9:45
    -
    -
    -
    -
    9:45
    -
    -
    -
    -
    9:45
    -
    -
    -
    -
    9:45
    -
    -
    -
    -
    9:45
    -
    -
    -
    -
    1/31
    (土) 
     2/1
    (日)
    2/2
     (月)
     2/3
    (火)
     2/4
    (水)
    2/5
    (木) 
    2/6
    (金) 
    9:30
    -
    -
    -
    -
    20:10
    9:30
    -
    -
    -
    -
    20:10
    -
    -
    -
    -
    -
    20:10
    -
    -
    -
    -
    -
    20:10
    -
    -
    -
    -
    -
    20:10
    -
    -
    -
    -
    -
    20:10
    -
    -
    -
    -
    -
    20:10
  • ※当館ではムビチケはご利用になれません。
    ※2/7以降のお時間は劇場にお問合せ下さい。

     (作品紹介)

    謎の事故によって最愛の兄タダシを失ってしまった、14歳の天才少年ヒロ。
    幼い頃に両親を亡くしたヒロにとって、唯一にして最愛の存在であった兄の死は余りにも耐え難く、彼は深く心を閉ざしてしまう。

    そんな彼の前に突如現れたのは、空気で膨らんだ白くて大きな体を持つベイマックス。
    彼は、亡きタダシが人々の心とカラダを守るために開発したケア・ロボットだった。

    大きすぎる心の傷を負った少年と、傷ついた人を癒すために作られたロボット──その出会いは、
    宿命だった。
    「どのくらい痛いですか?」「泣きたい時は泣いていいのですよ」
    ベイマックスの献身によって、ヒロは少しずつ元気を取り戻していく。

    兄の死に疑問を持つヒロは手がかりを追うが、何者かに襲われ辛うじて難を逃れる。
    世界の脅威となる巨悪の存在に気づいた彼は、兄のために戦う決意をするが、彼の味方は戦闘能力も戦闘意欲もゼロの、優しすぎるケア・ロボットしかいない。

    だがヒロはまだ気づいていなかった。兄タダシがベイマックスに託した驚くべき“本当の使命”を…。
    ©2014 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.


バナースペース

更新情報

平成27年1月28日
 当サイトを更新致しました。

平成25年1月18日
 当サイトを開設致しました。


スマートフォン版