本文へスキップ

kichi-plaza

吉祥寺プラザ ロゴ

(お問い合わせ先)TEL. 0422-22-5336

〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-11-19

JR吉祥寺駅北口から徒歩7分




【空調設備等工事による休館のお知らせ】
当館は4月12(日)まで空調設備等工事により休映いたします。
お客様にはご迷惑をお掛けしますが、何卒ご理解くださいますようお願いいたします。
上映再開は4月13(月)。『ジュディ虹の彼方に』を上映予定です。
電話によるお問合せは4/4(土)~6(月).8(水)は11~19時まで、
7(火).9(木).10(金)は10時30分~16時にお受けします。
℡0422-22-5336



只今上映中


ジュディ 虹の彼方に




本年度アカデミー賞受賞!!
【主演女優賞:レネー・ゼルウィガー】


監督:ルパート・ゴールド
配給:ギャガ
© Pathé Productions Limited and British Broadcasting Corporation 2019

キャスト:レネー・ゼルウィガー/ジェシー・バックリー
      フィン・ウィットロック/ルーファス・シーウェル
      マイケル・ガンボン



※上映終了日未定

(作品紹介)
ハリウッド黄金期を象徴する映画『オズの魔法使い』の主人公ドロシー役のジュディ・ガーランドは、17歳にして一躍スターダムを駆け上がる。その後、不朽の名作『スタア誕生』を始め数々のヒット作に出演。ハリウッド史を代表するミュージカル女優となる。それから月日がたち――
1968年の冬、彼女は単身、ロンドンの舞台に立っていた。ショービジネスの裏側で少女時代の全てを奪われ、波乱の女優人生を送ってきたジュディ。47歳で亡くなる最期の日々、〈命を燃やし尽くした〉と今も語り継がれる起死回生をかけたステージとは?
厳しいレッスンの末、全曲を自ら歌いあげ、この役に持てる全才能を注ぎ込んだのは、『シカゴ』『ブリジット・ジョーンズの日記』シリーズのレネー・ゼルウィガー。スポットライトの下では圧倒的なカリスマ性を放つジュディの魂を確実に自分のものにし、早くもオスカーの大本命との声が高まっている。
ジュディの希望と絶望、歓喜と痛み、そのすべてが聴く者の心の奥深くに届く最後の「オーバー・ザ・レインボー」。その歌詞の本当の意味に打ちのめされ、客席との間に生まれた奇跡に慟哭する、感動の実話。




バナースペース

スマートフォン版